• 印刷する

サンダル工場火災、政府責任論も浮上

マニラ首都圏バレンズエラ市のサンダル工場で13日発生した火災で労働者72人が死亡したことから、政府の管理責任を問う声が高まってきた。フィリピンの上院とカトリック教会は、労働雇用省が同工場に安全認可を与えたことを重く受け止めている。地元紙マニラブレティンなどが伝えた。

両者が特に問題視するのは、工場を運営するケンテックス・マニュファクチャリングに同省が昨年9月に交付した「職場衛生・安全基準順守認可証」。上院の労働・雇用委員会で委員長代理を務めるアンガラ議員は「労働雇用省が職場の安全性を保証したにもかかわらず、火災発生後に違法な状況が次々と明るみに出ている」と指摘。「適切な安全基準が順守されていたら今回のような悲劇は起きなかった」と述べた上で、職場の安全に関する規則を含めた現行の労働関連法を見直す必要があると強調した。

カトリック教会のアルミナザ司教は、安全認可証を交付した政府も責任を免れることはできないとコメント。実際の安全基準の順守状況を含め、火災の原因などを徹底的に調査すべきと訴えた。

一方、バレンズエラ市は遺族に8万3,000ペソ(約22万5,600円)の見舞金を支給すると決定した。同市に設置された遺体安置所では現在、遺族による身元の確認が進んでいる。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに2630人、計29万9361人(09/25)

外出制限、一段の緩和に壁 マニラ首都圏、来月1日以降(09/25)

イロイロ市の外出制限、再び厳格化(09/25)

コロナ感染新たに2180人、計29万6755人(09/25)

民放ABS―CBN、ロペス名誉会長辞任(09/25)

対中政策に変更なし、大統領の仲裁判断言及で(09/25)

シェル、マランパヤガス田の権益45%売却へ(09/25)

経済区庁、登録企業の85%が事業再開(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン