• 印刷する

テイクオフ:もくもくと上がる黒煙が…

もくもくと上がる黒煙が空に大きく広がり、マニラ湾になびいていく。まるで火山の噴火のようなすごい勢いだ。15日に発生し、約4,000世帯もの住居を奪ったマニラ首都圏モンテンルパ市の大きな火災は、燃え上がる炎こそ見えなかったものの、現場からかなり離れたマカティ市内にある自宅の窓からもはっきり確認できた。

先月下旬にも、首都圏ケソン市で約3,000世帯が住居を失う火災が起きたばかり。降水量不足で空気が乾燥し、火災が発生しやすい環境になっているとはいえ、繰り返される悲劇には、心が痛まずにはいられない。

ケソン市のケースと同様、今回の火災も海外メディアで取り上げられた。人々の命と暮らしを脅かし、経済的損失を生む上、国のイメージにも打撃を与える大規模火災の再発を、何とかして防いで欲しい。(和)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン