日台知的財産ウォーズ~親日の裏の顔【3】知財専門警察

日本の商標の先取りや侵害が絶えないのは、台湾の親日度が高く、日本ブランドへの人気や信頼が高いことの裏返しともいえる。しかし、その摩擦に業を煮やしていた日本側は動き出す。台北市日本工商会が2006年9月、会内に「知的財産権委員会」を設けたのだ。 ■工商会に知…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:いま住む台北市のホテル…(07/16)

総統選、国民党公認は韓氏に 人気健在、世論調査で他を圧倒(07/16)

宏碁、19年はゲーミングPCと新事業が軸(07/16)

ブロックチェーンの連盟発足、産学官協力へ(07/16)

振曜子会社、花蓮バス停15カ所で電子標識(07/16)

僑力化工、桃園工場に生産ライン増設(07/16)

会社員の「手揺飲料」購入、夏季70億元に(07/16)

広隆、ベトナム工場の拡張計画を凍結(07/16)

18年コンタクトレンズ生産額、過去最高更新(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン