• 印刷する

プロジェクト3B、中国電力が資本参画を検討

中国電力(広島市)が、マレーシアの国営電力会社テナガ・ナショナルと三井物産がヌグリスンビラン州で進める超々臨界石炭火力発電所「プロジェクト3B」(出力2,000メガワット)事業に対する資本参画を検討していることが分かった。

テナガは9日にマレーシア証券取引所(ブルサ・マレーシア)に提出した声明で、三井物産が超々臨界プラントでの実績を持つ中国電力との事前協議を進めていることを明らかにした。マレーシア政府のエネルギー委員会(EC)の認可を得られれば、中国電力が10月半ばまでにプロジェクト3Bの権益50%を取得する見込みだとしている。

中国電力本社の担当者は、NNAの取材に対して「出資を検討しているのは事実だが、参画比率を含め決定した事項ではない」と述べた。三井物産本社の担当者は「現時点ではコメントできない」としている。

テナガは先ごろ、プロジェクト3Bの運営会社「ジマ・イースト・パワー」の株式70%を4,698万リンギ(約15億2,400万円)で取得した。残りの株式30%は三井物産が保有している。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

製造業の出勤者リスト変更を認めず、貿産省(19:23)

活動制限令の反則金徴収開始、外国人は逮捕(20:19)

テイクオフ:新型コロナウイルスの流…(04/09)

「解雇は違法」の規制要求 減給容認も撤回を、最大労組(04/09)

地域別の移動制限を実施か、15日以降に(04/09)

RM1=25.0円、$1=4.35RM(8日)(04/09)

感染者が4千人突破、新規は156人(04/09)

世帯支出、活動制限令で平均55%減(04/09)

マレーシア航空、マレー半島での運航休止(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン