大手製薬、アンチエイジング分野に活路

高齢者の急増が見込まれるインドや中国を見据え、大手製薬企業を中心にアンチエイジング分野に活路を見いだす動きがある。製品開発の対象をこれまでの特定の治療領域のほか、性別や年齢層別の疾患にまで広げ、「予防」の観点を取り入れた事業戦略を進めていく方針だ。タイムズ・オ…

関連国・地域: インド米国欧州
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ドナルド・トランプ米大…(02/26)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(02/26)

インドの遊びの歴史に変化を ナムコ、ゲーセンで年商10億円へ(02/26)

日本企業に投資呼び掛け=インド鉄鋼省(02/26)

二輪TVSの2月生産、新型肺炎で10%縮小(02/26)

JLR、ハイデラバードに3S拠点を開設(02/26)

シンガレニ、来年度の設備投資は300億ルピー(02/26)

石油公社とエクソン、液化ガスの輸送で連携(02/26)

ユニリーバ、減税追い風に新子会社を設立(02/26)

インフラKEC、中東の送電塔工場を買収(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン