大手製薬、アンチエイジング分野に活路

高齢者の急増が見込まれるインドや中国を見据え、大手製薬企業を中心にアンチエイジング分野に活路を見いだす動きがある。製品開発の対象をこれまでの特定の治療領域のほか、性別や年齢層別の疾患にまで広げ、「予防」の観点を取り入れた事業戦略を進めていく方針だ。タイムズ・オ…

関連国・地域: インド米国欧州
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド人といえば、頭に…(12/12)

新興予防医療が展開拡大 来年は日本へ、三井物産支援受け(12/12)

自動車販売店、11月の小売り総数は2.5%増(12/12)

タタ自、11月の世界販売は15%減の9万台(12/12)

19年上期の乗用車輸出、現代が首位で10万台(12/12)

現代自、来年1月からの値上げを発表(12/12)

日通が地場同業と業務提携、サービス強化(12/12)

インパクト、コンビニ16号店を南部に開業(12/12)

中国スカイワース、工場設置に1億ドル投入(12/12)

リニュー、太陽光開発で韓国建設大手と合弁(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン