• 印刷する

メキシコの飲料大手、比コカコーラを買収

メキシコに本拠を置く中南米最大規模の飲料メーカー、コカ・コーラFEMSA(CCF)はこのほど、コカ・コーラ・ボトラーズ・フィリピン(CCBPI)を6億8,850万米ドル(約574億3,500万円)で買収すると発表した。

ビジネスワールドなどによると、CCFは来年初めまでに米コカ・コーラが保有するCCBPIの株式51%を取得する予定。さらに、◇CCBPIの操業に責任を負う◇CCBPIの残余株(49%)を今回の取引完了後7年以内に取得するオプションを行使できる――ことなどについて、米コカ・コーラと合意したもようだ。

CCFが中南米以外に本格進出するのはフィリピンが初めて。これまでは本拠地メキシコの他、ブラジル、アルゼンチン、ベネズエラ、ニカラグアなどで事業を展開していたが、「1人当たりのコカ・コーラ消費量が多く、経済的な発展とともに将来的な成長が期待できる」ためフィリピン進出を決めたと説明している。

CCBPIは現在、23カ所で工場を操業。今年の販売目標は約5億3,000万ケースとしている。


関連国・地域: フィリピン米国中南米
関連業種: 食品・飲料金融マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン