• 印刷する

メキシコの飲料大手、比コカコーラを買収

メキシコに本拠を置く中南米最大規模の飲料メーカー、コカ・コーラFEMSA(CCF)はこのほど、コカ・コーラ・ボトラーズ・フィリピン(CCBPI)を6億8,850万米ドル(約574億3,500万円)で買収すると発表した。

ビジネスワールドなどによると、CCFは来年初めまでに米コカ・コーラが保有するCCBPIの株式51%を取得する予定。さらに、◇CCBPIの操業に責任を負う◇CCBPIの残余株(49%)を今回の取引完了後7年以内に取得するオプションを行使できる――ことなどについて、米コカ・コーラと合意したもようだ。

CCFが中南米以外に本格進出するのはフィリピンが初めて。これまでは本拠地メキシコの他、ブラジル、アルゼンチン、ベネズエラ、ニカラグアなどで事業を展開していたが、「1人当たりのコカ・コーラ消費量が多く、経済的な発展とともに将来的な成長が期待できる」ためフィリピン進出を決めたと説明している。

CCBPIは現在、23カ所で工場を操業。今年の販売目標は約5億3,000万ケースとしている。


関連国・地域: フィリピン米国中南米
関連業種: 食品・飲料金融マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:国民の80%がカトリッ…(04/22)

政府、対中批判沈静化に苦慮 中間選前に「争点化」避ける(04/22)

3月の国際収支、黒字6.3億ドルに拡大(04/22)

内国歳入庁、外国人就労者の税務調査に本腰(04/22)

2月卸売物価3.2%上昇、5カ月連続で減速(04/22)

PEZA、住宅含む総合的な経済特区開発へ(04/22)

塩ビ管ネルテックス、地熱エネ利用で契約(04/22)

ロペス財閥の持ち株会社、18年は39%増益(04/22)

17日為替:$1=51.765ペソ(04/22)

外国人証券運用、3月は7.4億ドル売り越し(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン