台肥がミャンマー工場建設、東南アジア開拓へ

台湾肥料(台肥)の李復興董事長はこのほど、来年末までにミャンマーで肥料工場の建設に着手する方針を明らかにした。液体アンモニアや尿素の生産に使われる天然ガス資源が豊富で、生産コストが低く抑えられるミャンマーに生産拠点を置き、東南アジア市場を開拓する狙い。既に現地…

関連国・地域: 台湾タイミャンマーカンボジア中東
関連業種: 化学その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:退勤後になじみのコンビ…(06/02)

【業界探訪】アジアの東西結ぶ拠点に 網家の蔡凱文総経理に聞く(06/02)

鴻海トップ、製造業はリージョナル生産へ(06/02)

TSMCの5ナノ増産投資、来年1Qに延期(06/02)

DRAM取引価格、直近1年で最高=集邦(06/02)

台湾サプライヤー、スマホ需要低迷に懸念(06/02)

5月の二輪車販売、2カ月ぶりプラス(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン