• 印刷する

パライ生産、目標の1,840万トン超える見通し

アルカラ農業相はこのほど、今年のパライ(未脱穀米)生産について、目標の1,840万トンを達成できるとの見方を示した。26日付ビジネスミラーが伝えた。

同相は、ミンダナオ地方やビサヤ地方では今月初めに通過した台風24号(アジア名・ボーファ、比名・パブロ)の影響で農業被害が拡大したものの、パライの大半は既に収穫されていたため、大きな被害はなかったと説明。通年目標の達成に自信を示した。

また同相は、来年のパライの生産目標について、今年の目標を上回る約2,000万トンに設定する方針を表明。台風による被害を回避するため、現在4対6となっている乾期と雨期の生産比率を調整し、乾期の生産を拡大させる方針を示している。

アルカラ農業相は先に、来年末までにコメの完全自給を達成し、翌2014年に輸出開始を目指す考えを表明。ルソン島北部のマウンテンプロビンスで生産される長粒米などの米国向け輸出を計画しているほか、ジャポニカ米やハイブリッド米の輸出も目指すという。


関連国・地域: フィリピン米国
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:一般的な退職年齢である…(08/10)

東南ア車生産、200万台突破 1~6月コロナ克服も先行き不安(08/10)

GDP7.4%増、高成長続く 4~6月期、コロナ規制緩和で(08/10)

【アジアの鉄道】(第5回)中国(4)中欧班列 欧州と直結、新たな「シルクロード」の登場(08/10)

太平洋セメント、セブ工場更新へ工事着工(08/10)

6月輸出額1.0%増、電子製品は前年割れ(08/10)

アボイティス、洋上風力発電で事業化調査(08/10)

通信ディト、相互接続で競争委に苦情(08/10)

外国人技能実習制度、相次ぐ人権侵害「構造的」(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン