• 印刷する

タイと航空協定を改定、週1,440席を追加

フィリピン民間航空委員会(CAB)とタイ当局はこのほど、航空協定の改定に合意した。これによりマニラ~バンコク路線の乗り入れ枠に週1,440席が追加される。

両国は先週、バンコクで2日間にわたり交渉を実施し、マニラ~バンコク路線の乗り入れ枠を現行の週5,440席から6,880席に拡大することで合意。また、航空自由化(オープンスカイ)協定の推進を目的とした大統領令(EO)29号に基づき、マニラおよびバンコク以外の地方空港への相互乗り入れを無制限にすることでも合意した。

インクワイラーなどによると、地場航空会社では現在、フィリピン航空(PAL)と格安航空(LCC)最大手のセブ・パシフィック航空がタイ路線を運航している。


関連国・地域: タイフィリピン
関連業種: 運輸観光政治

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン