• 印刷する

竹の栽培面積拡大へ、世界的な需要増に対応

貿易産業省のクルス次官は、竹製品の世界的な需要増大に対応するため、国内の竹栽培面積を2015年までに最大約16万6,000ヘクタール拡大する計画を検討していることを明らかにした。ビジネスミラーが伝えた。

同次官によると、国内では家具業界で年350万本、手工芸品業で同57万5,000本の竹材を必要としているが、供給が追いつかず、現在は家具で約200万本、手工芸品で34万本が不足している。これを埋め合わせるために、栽培面積を15年までに15万~16万6,000ヘクタール拡大する必要があるという。

クルス次官によると、世界では環境負荷が少ない竹材の需要が急増しており、国内での年間需要は4億5,000万ペソ(約8億4,000万円)に達している。世界全体では15年に年150億~200億米ドル(約1兆1,737億~1兆5,651億円)まで伸びる見通しだ。フィリピンの主な輸出先は、欧州連合(EU)、米国、日本、カナダ、中国、シンガポール、韓国、豪州など。

フィリピン政府はこうした状況を踏まえて、昨年にフィリピン竹産業開発協議会(PBIDC)を設立し、国内の竹関連産業の振興を支援している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 農林・水産その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン