• 印刷する

低所得層向け融資調査、利用者は1割どまり

国内では低所得者層向けの小規模金融サービス(マイクロファイナンス)を取り扱う業者が増加する一方で、利用者は低所得者層の14%にとどまっていることが、アジア開発銀行(ADB)の最新調査で明らかになった。

ADBの独立評価局(IED)が発表した報告書「マイクロファイナンス開発戦略2000」によると、2010年末時点で、国内低所所得者2,130万人のうち、マイクロファイナンスの利用者数は300万人だった。フィリピン国内でマイクロファイナンスを提供する業者は協同組合を含めて1万4,935社で、1人当たりの平均融資残高は5年前から21%増え189米ドル(約1万5,000円)となった。

報告書ではフィリピンのほかカンボジア、パキスタン、パプアニューギニア、ウズベキスタン、ベトナムの6カ国について、同様に割合を算出。低所得者層に占める利用者の割合が最も高かったのはベトナムの75%。カンボジアが32.1%で続き、フィリピンは3番目だった。なお、パプアニューギニアが0.2%と最も低い割合だった。

また、ADBによる2000年~2010年の6カ国に対するプログラムローン、セクター開発ローンなどの支援額9億1,600万米ドルのうち、フィリピンが受けた支援の額は1億7,320万米ドルで全体の18.9%を占めた。これは最も大きな割合を占めたパキスタン(4億8,890万米ドル、53.4%)に次ぐ規模だった。


関連国・地域: ベトナムカンボジアフィリピン欧州
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン