• 印刷する

サハラタナ団地で洪水訓練、電力不足露呈

工業団地公団(IEAT)は26日、中部アユタヤ県のサハラタナナコン工業団地で洪水が発生した際の緊急対応訓練を実施し、入居企業の関係者、医師、消防隊員など総勢500人が参加した。

公団は、水深を通常レベル、要警戒レベル、緊急レベルに分類。緊急レベルを想定して、生産活動の一時停止、設備の移動、従業員の避難、負傷者の搬送などの訓練を行った。訓練自体はスムーズに実施されたものの、非常時体制になると電力不足で排水ポンプの一部が稼働しないなどの問題が露呈。早急に対策を講じるよう指示を出した。

同団地の防水堤建設工事の進ちょく率は現在35~40%。来月半ばの完成を目指している。堤の全長は6.2キロメートル、高さは6.5メートル。大型土のうを積めばさらに1メートルのかさ上げが可能。

公団は引き続き、バンパイン工業団地とハイテク工業団地で緊急対応訓練を実施する。


関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

APECの11月16~18日、首都圏は休日へ(15:17)

テイクオフ:バンコクで12年にわた…(08/09)

西鉄、ホテル運営を再始動 当面目標は年内に稼働率50~60%(08/09)

新規の感染者1842人、死者34人(8日)(08/09)

工業連自動車部会、中台緊張で影響を懸念(08/09)

三菱自、充電設備普及で地方電力公団と協力(08/09)

タイへのトウモロコシ輸出、7割減少(08/09)

MG、中型SUVのハイブリッド版を発表(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン