• 印刷する

バングラデシュとFTA締結に向け交渉開始へ

マレーシアとバングラデシュの両政府が自由貿易協定(FTA)交渉を開始する考えだ。バングラデシュのAKM・アティクル・ラフマン駐マレーシア高等弁務官が明らかにした。バングラデシュ側はFTA締結が医薬、繊維、観光業界への後押しになると期待する。国営ベルナマ通信が4日に伝えた。

バングラデシュ政府はすでにマレーシアの通産省に対して、交渉開始について提案を持ちかけており、回答を待って交渉を開始する考え。アティクル高等弁務官によると、2010年にマレーシアのムスタパ・モハメド通産相がバングラデシュの商務省との間で交渉を開始することで合意しており、2年をかけて準備を進めてきたという。

両国は、バングラデシュで同国最長規模となる橋をマレーシア企業が建設することが決まっているほか、マレーシア政府がバンガバンドゥ国際空港の建設を申し出るなど、関係を強めている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品繊維観光マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:飲み物の好みは、コーヒ…(08/10)

東南ア車生産、200万台突破 1~6月コロナ克服も先行き不安(08/10)

新卒者の採用市場が回復傾向 21年失業率4.1%、コロナ前水準に(08/10)

【アジアの鉄道】(第5回)中国(4)中欧班列 欧州と直結、新たな「シルクロード」の登場(08/10)

新規感染2863人、2日連続で2千人台(08/10)

天丼てんや、年内に首都で開業(08/10)

RM1=30.3円、$1=RM4.46(9日)(08/10)

インソン、EV充電提供でゴーカーと提携(08/10)

半導体関連フェローテック、クダで工場着工(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン