• 印刷する

バージンココナツ油輸出、1~3月は大幅増

フィリピン・ココナツ庁(PCA)は1~3月期のバージンココナツ油の輸出額が、前年同期の2.4倍となる756万6,132米ドル(約5億9,850万円)に達したことを明らかにした。輸出量も同93.6%増の1,719.23トンだった。

最大の輸出先はフランスで、輸出額は前年同期の11倍となる7万6,000米ドル、輸出量は同7.7倍の16.48トンだった。以下、台湾、フィンランド、香港が続き、各国・地域で輸出額・輸出量ともに前年を大きく上回った。PCAのフォーブス長官によると、バージンココナツ油はアジアや欧州、米国など27カ国・地域に輸出されている。

また、同長官は昨年のバージンココナツ油の輸出額が前年の2.7倍となる2,249万8,130米ドル、輸出量が前年比79.5%増の4,913.5トンに達したことを明らかにした。輸出増加の背景については、「バージンココナツ油の健康効果に対する認識の高まりが貢献した」との見方を示している。


関連国・地域: 香港台湾フィリピン米国欧州
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中銀、政策金利3.75%に 連続利上げ、物価抑制を優先(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

公共交通車両1万台超、首都圏で運行再開(08/19)

シティコア、25年に発電容量7倍狙う(08/19)

5G速度、比はア太地域でワースト4位(08/19)

全国の港湾施設、1~6月は旅客2.4倍(08/19)

レジ袋課税法案を可決、下院歳入委(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン