• 印刷する

エアアジアX、中国・北京便の運航を開始

格安航空エアアジアの長距離部門エアアジアXは25日、クアラルンプール(KL)~中国・北京便の運航を開始したと発表した。中国では7都市目の就航となる。23日にKLを出発した第1便の搭乗率は90%に達したという。

KL発は午後6時45分(翌日午前0時50分着)、北京発は午前2時5分(午前8時30分着)。当初はKL発は水、金、土、日、北京発は月、木、土、日の週4便を運航するが、8月6日からは1日1便に増便する。

同社はこれに合わせ、就航記念キャンペーンも実施する。エコノミークラスを片道349リンギ(888人民元、約8,741円)、ビジネスクラスも1,149リンギ(2,599人民元)で提供する。予約期間は今月28日までで、搭乗期間は8月6日~11月30日となる。

同社のアズラン・オスマン・ラニ最高経営責任者(CEO)は声明で「今後3カ月で80%の搭乗率を目指す」と目標を明らかにした。エアアジアは中国ではこれまでに杭州、成都、広州、深セン、重慶、桂林に就航している。


関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染2863人、2日連続で2千人台(12:52)

インソン、EV充電提供でゴーカーと提携(12:36)

ホンセン、医療プラットフォームの株式売却(11:40)

テイクオフ:仕事が休みだった平日、…(08/09)

アンモニア混焼実験に成功 IHIと国営電力ら、脱炭素目指し(08/09)

新規感染2728人、7日ぶり2千人台に減少(08/09)

ベクトル、首都で抹茶アイスブランドを展開(08/09)

RM1=30.3円、$1=RM4.46(8日)(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン