• 印刷する

テイクオフ:夜のウオーキングツアー…

夜のウオーキングツアーに参加してきた。午後9時に中心部にある国立博物館に集合し、1時間ほど散歩するプランで、案内人は国家遺産局の学芸員だ。

ブラス・バサーという、この区域の名称は、マレー語で「ぬれた米」を意味する。昔ここに運河が流れ、米を運んで乾燥させる場所だったからだという説明を受けた。さらに歩くと、キリスト教会が複数並び、シナゴーグ(ユダヤ教の会堂)もある通りに入った。かつての名残をとどめる居住用建築もあり、アート系の学校や企業が外観を保存しながら使用している。他にも数カ所回り、普段は何げなく通り過ぎる場所を興味深く観察することができた。

当地は金融街や湾岸部マリーナ・ベイといった華やかな区域が有名だが、歴史的な建造物も多く保存されている。歴史の荒波をくぐり抜けてきたこの区域への関心が、ますます高まった。(柳)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「保健省です。ワクチン…(09/28)

海外進出の支援体制を強化 企業庁、規制緩和後を見据え(09/28)

22年の総人口564万人、3年ぶり増加(09/28)

英ポンド下落、対Sドルで40年ぶり安値(09/28)

安倍氏の遺志「継承」、首相の弔問外交2日目(09/28)

三菱重と現地社、アンモニア発電で戦略提携(09/28)

F1で脱炭素化加速、ピット・ビルは再生エネ(09/28)

アボイティス、スリランカの飼料事業撤退(09/28)

新興ビーム、2市で電動自転車レンタル開始(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン