• 印刷する

LG化学と米穀物企業、バイオプラ生産へ

韓国化学大手のLG化学は16日、米穀物メジャーのアーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)と植物由来で生分解性があるプラスチックの一種「ポリ乳酸(PLA)」の合弁生産工場設立に向けた本契約を締結したと発表した。

PLAを生産する合弁法人「LG化学イリノイバイオケム」は、米イリノイ州に年産7万5,000トン規模の工場を新設する。2023年に着工して25年の完工を目指す。

ポリ乳酸の原料となる乳酸工場は別の合弁法人「グリーンワイズ・ラクティク」が運営する。ADMの発酵技術を活用して、トウモロコシ由来の高純度乳酸を年産15万トン規模で生産する。

PLAは微生物により数カ月内に自然分解される生分解性プラスチックで、食品容器やストローなどに使用される。また、生産過程で発生する温室効果ガスは従来のプラスチックの4分の1程度と、持続可能な環境素材として注目されている。

LG化学は環境配慮型の素材生産により、急速に変化する市場に対応していく構えだ。これを通じて、気候変動や廃プラスチックなど環境問題の解決にも寄与したい考え。


関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 食品・飲料化学マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者3.5万人、死者16人増(11:07)

テイクオフ:「スポーツの秋」という…(10/05)

富士フイルムが培地販売法人 直販体制で、バイオ市場開拓(10/05)

【アジアの風、日本のゆくえ】(第14回) 少子化に負けるな日中韓!!(10/05)

新規感染者1.6万人、死者19人増(10/05)

サムスン、27年にも1.4ナノ量産開始へ(10/05)

【月次リポート】自動車ニュース(22年9月) 中国BYDが700億円投資、タイでEV生産へ(10/05)

韓国のCPTPP加盟、GDP0.35%増も(10/05)

自営業など6万人廃業危機、0.5%利上げで(10/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン