• 印刷する

テイクオフ:「東京とバンコクは、ど…

「東京とバンコクは、どっちが暑い」。東京に帰るたびに、家族や知人から聞かれる。「どちらも気温は高いが、東京の方が苦しい」といつも答えている。日本にいれば、バス停や駅まで歩く時間が長い。スーパーまで最低10分は歩くので、それなりに汗をかくことになる。

バンコクでは配車アプリやタクシーを使うので、外が暑くても、それほどつらいことはない。ちょっとした買い物もデリバリーで済ますことが多く、暑さを感じる機会が減った。

幸い、東京の滞在中はどんよりしている日が多く、伝え聞いているほどの酷暑ではなかった。バンコクではあまり外に出ないからか、蝉の声を聞くことが少ない。東京の田舎に住んでいるので、例年は蝉が盛大に鳴いている。今年は少ない気がするのは、単に時期のせいなのか。ミンミンゼミの盛大な声に混じってヒグラシの声を拾うのが、少し懐かしい。(小)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

産業用大麻から合法成分抽出 タイで新技術、対日輸出を視野(10/07)

9月の新規バイク登録、37%増の15.1万台(10/07)

〔アジア人事〕カヤバ(10/07)

地域別の新規バイク登録台数(22年9月)(10/07)

排気量別の新規バイク登録台数(22年9月)(10/07)

スズキ、1~9月の新車販売は5%増(10/07)

イートン、SUV「レクサスLX600」発売(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン