• 印刷する

テイクオフ:首都ジャカルタでは、オ…

首都ジャカルタでは、オンライン配車サービスで利用する電動バイクを目にすることが増えた。電動バイクを利用するというのは、まだ市民にとっては物珍しいことであり、乗車したときにはワクワクするものだ。ついつい「どこのメーカーなの?」「月々のレンタル料金は?」と運転手に質問してしまう。

自宅からバイクの配車サービスを予約して、玄関先で待っていた時のこと、いつもは聞こえるはずのエンジン音がなく、電動バイクが到着したことに気がつかなかった。いつもはバイクが近づく音を頼りに家から外に出るのだが、電動バイクの場合は走行音が静かなため、意図せず運転手をしばらく待たせることになってしまった。

大気汚染の問題が深刻なジャカルタ。電動車の普及によって、インドネシア人の環境への意識も確実に変わっていくのだろう。(ア)

街中で見かけるオンライン配車サービスで使用される電動バイク=5日、ジャカルタ(NNA撮影)

街中で見かけるオンライン配車サービスで使用される電動バイク=5日、ジャカルタ(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スタートアップの協業支援 ジェトロ主催、日イ21社紹介(10/07)

住商、東南ア最大級の水力発電開発に協力へ(10/07)

CO2削減目標、30年に32%減に引き上げ (10/07)

地場ECを税金収納機関に、税務局が検討(10/07)

小売りヘロー、岡部現法に土地建物を売却(10/07)

ホンダ二輪、G20用に電動スクーター提供(10/07)

食品ダイヤモンド、チカランの生産施設拡張(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン