• 印刷する

フォーブスのアジア優良企業、7社が選出

米経済誌フォーブスが発表したアジア太平洋地域の優良中小企業200社に、シンガポールから7社が選ばれた。世界的な半導体需要の高まりを受け、精密機器・部品を扱う企業が目立った。

フォーブスのアジア版「フォーブスアジア」は毎年、「ベスト・アンダー・ア・ビリオン」と呼ばれる優良中小企業のリストをまとめている。アジア太平洋地域で年間売上高が1,000万~10億米ドル(約13億5,000万~1,350億円)の企業を対象に、売上高や利益の伸び、自己資本利益率(ROE)などを基準に200社を選出した。200社の順位付けはしていない。

今年シンガポールから選ばれたのは、鶏卵生産会社エグリカルチャー・フーズ、精密機器向け製造ソリューションを提供するグランドベンチャー・テクノロジー、家具メーカーのコダ、精密部品製造のマイクロ・メカニクス、システムインテグレーションのノルディック・グループ、高級時計の輸入・販売を手がけるジ・アワー・グラス、精密エンジニアリングのUMSホールディングスとなっている。

UMSは半導体向け高精度部品の製造などを手がける。半導体需要の拡大を受け、今年1~3月期決算では純利益が前年同期比26%増と好調だった。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

10~12月の電気・ガス、約2年ぶり値下げ(10/01)

新シンクタンクが始動、原子力の活用研究(08:59)

断熱材アーマセル、初の顧客体験センター(11:10)

南洋理工大、染色体末端部の分子構造を解明(11:10)

新規感染3510人、前日比6%減(1日)(11:17)

新規感染3715人、前日比8%増(30日)(11:10)

新規感染3431人、前日と同水準(29日)(11:10)

インソン、電動貨物船の建造開始(09/30)

ナノフィルム、中国で合弁 車載電池市場の拡大見込み(09/30)

ケッペルO&M、ブラジルで設備を追加受注(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン