• 印刷する

テイクオフ:バンコクのコンビニなど…

バンコクのコンビニなどで入り口付近に土のうを積み上げる所が目立ってきた。全国的に大雨・洪水が予想されており、浸水被害を未然に防ぐためだ。車道に比べて歩道は15センチほど高く、店舗はその歩道から一段高い。これだけ高ければ浸水被害も心配ないのではと思うが、従来の予測が通用しないのが近年の豪雨被害だ。

先日の深夜の豪雨で不意を突かれた店舗が浸水被害に遭い、朝から従業員総出で後片づけに追われているのを見た。昨年は1時間足らずのゲリラ豪雨で幹線道路が、文字通り川の流れのようになった。歩道にも水があふれ、思わぬ深みにはまらないよう慎重に歩いたのを覚えている。

チャオプラヤー川流域に甚大な被害をもたらした2011年に比べて、洪水対策は進んでいるとされる。一方で、温暖化の影響で予想を超える豪雨も増えている。やはり事前の警戒は欠かせない。(須)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

産業用大麻から合法成分抽出 タイで新技術、対日輸出を視野(10/07)

9月の新規バイク登録、37%増の15.1万台(10/07)

〔アジア人事〕カヤバ(10/07)

地域別の新規バイク登録台数(22年9月)(10/07)

排気量別の新規バイク登録台数(22年9月)(10/07)

スズキ、1~9月の新車販売は5%増(10/07)

イートン、SUV「レクサスLX600」発売(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン