隔離短縮で一定の経済効果 財界が歓迎、早期の全廃望む

香港の経済界は、海外からの入境者に課す強制検疫(隔離)期間が3日間に短縮されることを歓迎している。経済団体は海外とのビジネス往来の活発化、旅行業界は香港市民による海外旅行の増加をそれぞれ期待する。ただ、短縮では経済に与える効果は「限定的」との見方が主流。各団体…

関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

九州・沖縄連合で焼酎売込み 人気ホテルでフェア、各県食材と(10/07)

新たに4318人感染、前日から676人増(10/07)

航空券50万枚無料配布へ、外国人観光客誘致(10/07)

英ヴァージン航空、香港線から撤退(10/07)

ケリーロジ、高齢者施設向けサービス開始へ(10/07)

9月PMIは48.0、6カ月ぶり節目割れ(10/07)

反落、ハンセン指数は0.4%安=香港株式(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン