【ベトナムの模索】はまりゆく中所得国の罠:上がる賃金、伸び悩む生産性

人件費が高騰する一方で、産業の高度化が進まず成長が停滞する「中所得国の罠(わな)」。2007年に低所得国から抜け出してわずか8年のベトナムに、早くもその危機が叫ばれている。最低賃金が毎年2桁ペースで上昇を続ける一方で、生産性は伸び悩む。さらに生産人口比率は15年をピ…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

越のモバイル決済、伸び最大 携帯大手参入も「利用は限定的」(04/24)

米西海岸行のコンテナ船、ハイフォンに寄港(04/24)

HCMメトロ、住宅工事で地盤沈下の恐れ(04/24)

三栄建築設計のオフィスビル、3Qに開業へ(04/24)

豚コレラの拡大続く、北部ラタナキリ州で(04/24)

ガス供給量減少、南部の電力生産に危機感(04/24)

日越4団体、産学連携で溶接技術の研究(04/24)

ソニー、4KELテレビの最上位機種を発表(04/24)

ズンクアット製油所、1Qの純益2600万ドル(04/24)

布職布の南六、ベトナム工場建設を計画(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン