【ベトナムの模索】はまりゆく中所得国の罠:上がる賃金、伸び悩む生産性

人件費が高騰する一方で、産業の高度化が進まず成長が停滞する「中所得国の罠(わな)」。2007年に低所得国から抜け出してわずか8年のベトナムに、早くもその危機が叫ばれている。最低賃金が毎年2桁ペースで上昇を続ける一方で、生産性は伸び悩む。さらに生産人口比率は15年をピ…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

すき家、コロナ禍も積極展開 経験とグループ力で逆境を克服(09/28)

1~9月のFDI流入、2割減の212億ドル(09/28)

ブルースカイ、一般航空事業認可取り消しか(09/28)

国建設の高速道路、全路線で料金徴収を検討(09/28)

ビンG、クアンニン省で観光都市区着工(09/28)

クアンニン建設セメント、HNX上場廃止へ(09/28)

南部ムイネーで大型リゾート物件が着工(09/28)

対中鉄鋼輸出100倍も、過去3カ月で急増(09/28)

ザーライ省、計3.6兆ドンの風力発電所着工(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン