発電用石炭、不足に再懸念も 高騰で輸出優先、当面は備蓄十分

インドネシアの国営電力PLNは3日、発電所向け石炭の供給量が減少傾向にあると明らかにした。石炭の国際価格が高騰しているのを受け、石炭事業者が国内への供給よりも輸出を優先しているため。PLNは、現在の石炭備蓄量は十分だとするが、同時に、今年初めに生じた発電用石炭…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(15:35)

Jトラスト、日立建機の重機ローン提供(19:03)

米コーラー陶器工場開所、14.5兆ルピア投資(20:47)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(09:24)

ホンダ、23年にHV2種投入 自動車展開幕、電動化へ勢い加速(08/12)

スズキ2モデル発表、3年で4車種追加(08/12)

ダイハツ、国産車のEVコンセプトを披露(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン