• 印刷する

テイクオフ:都市国家の象徴であるマ…

都市国家の象徴であるマーライオン。1972年9月15日にシンガポール川河口で当時のリー・クアンユー首相によって除幕式が行われてから今年で50年を迎える。9月の1カ月間は50歳の誕生日を記念して、関連イベントが開催される。

マーライオンは一度引っ越しをしている。97年にエスプラネード橋が完成し、像があった旧マーライオン公園から見る湾岸部側の視界が遮られてしまった。そのため2002年に同橋を挟んだ海沿いの新マーライオン公園へと120メートル移動し、現在に至る。同年に引っ越し後のお披露目会が行われたのも9月15日だった。

足元では外国人観光客が戻りつつあり、9月末からは湾岸部を舞台にした自動車レースのF1シンガポール・グランプリ(GP)が行われるなど、「誕生会」を盛り上げる要素は多くそろっている。マーライオンも喜んでいるに違いない。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

企業の期日内支払い、3Qは1年ぶり悪化(16:09)

9月の製造業PMI、2年3カ月ぶり50割れ(16:19)

個人所得税、最高税率引き上げへ(16:19)

事業信託法改正、透明性向上など柱(16:39)

医療ロボット企業、現法開設(18:20)

三菱重工、湾岸部でターボ冷凍機2台納入(18:22)

金融庁、ネットゼロに500万Sドルの助成制度(19:05)

不動産メトロ、豪と英で物件取得(19:05)

新規感染2713人、3日連続減少(3日)(18:15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン