• 印刷する

セブ航空、「世界のトップLCC」で15位に

英航空雑誌「エアライン・ビジネス」がこのほど発表した「世界のトップ格安航空会社(LCC)75社」で、地場LCC最大手のセブ・パシフィック航空が15位にランクインした。このランキングで選出された地場LCCは、同社のみ。23日付ビジネスミラーが伝えた。

同誌は、昨年通年の旅客数を基に各LCCをランク付けした。これによると、セブ航空の昨年の旅客数は前年比13.6%増の119万人で、2桁成長を記録。有償座席利用率(ロードファクター)は86.3%だった。

上位3位は、米国のサウスウエスト航空、アイルランドのライアンエアー、英国のイージージェットが占めた。アジアでは、セブ航空のほか、◇インドのスパイスジェット―19位◇中国の春秋航空―23位◇タイ・エアアジア―24位◇シンガポールのタイガー・エアウェイズ―29位◇インドネシア・エアアジア―33位――などが選出された。

上位75社の昨年の旅客数は7億2,700万人となり、前年比で約12%増加した。旅客数を地域別でみると、欧州が全体の37.1%を占め、北米が29.5%、アジア太平洋地域が21.6%で続いた。


関連国・地域: 中国タイシンガポールインドネシアフィリピンインド米国欧州
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

GDP7.4%増、高成長続く 4~6月期、コロナ規制緩和で(15:01)

テイクオフ:ルソン島北部を7月下旬…(08/09)

再エネ導入目標20%上げ 政府、40年に5千万キロワット超(08/09)

新型コロナ、1~7日は新たに2万7331人感染(08/09)

6月失業率6.0%と横ばい、先行き不透明(08/09)

ガソリン値下げ、2週間ぶり(08/09)

ソーラー比、メラルコにベース電源提供へ(08/09)

メラルコ、140万kWの電力入札実施へ(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン