独車部品ヴィテスコ、印西部で工場開所

ドイツの自動車部品メーカー、ヴィテスコ・テクノロジーズは、インド西部プネ近郊タレガオンの工業団地で工場を開所した。工場の整備には、3,000万ユーロ(約42億円)を投じた。タイムズ・オブ・インディア(電子版)が18日に伝えた。 敷地面積は20エーカー(約8万1,000平方メー…

関連国・地域: インド欧州
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【日印国交70年】マネサール再生物語 ホンダ二輪、新時代へ(下)(09/30)

日印国交70年、両国若者が8日間900キロを旅(09/30)

政府、23年10月から6エアバッグ設置を義務化(09/30)

JFEとJSWの事業化調査、年内完了へ(09/30)

車載リチウム電池、投資必要額100億ドル(09/30)

伊イベコ、印トラックメーカーの少数株取得(09/30)

米大幅利上げで1ドル=82ルピー台間近(09/30)

主要駅3駅の再開発承認、事業費千億ルピー(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン