新空港周辺の開発優遇認めず マルコス大統領、経済効果薄く

フィリピンのマルコス大統領は1日、首都マニラ北方のブラカン州で計画が進むブラカン国際空港(新マニラ国際空港)の建設に伴い、周辺の経済特区や自由港を一体開発する事業に対して優遇措置を与える法案に拒否権を発動した。近隣で既に別の経済特区が開発されているほか、税優遇…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

旧民放大手、TV5に出資 52億円で35%株取得、当局は反発(08/12)

ABS―CBN、スカイケーブル株売却(08/12)

比の22年成長予測を下げ、国内外機関(08/12)

石炭発電所の新設凍結、現政権でも継続(08/12)

外食ジョリビー、1~6月は純利益4.5倍(08/12)

セブパシ航空、1~6月は赤字縮小(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン