• 印刷する

7月からマルチビザ発給、日台マカオが対象

韓国法務省は29日、有効期間中なら何度でも入国できる「複数査証(マルチビザ)」について、7月からは日本と台湾、マカオを対象に発給すると発表した。マルチビザの有効期限は取得から1年間となる。

韓国政府は6月1日に観光目的の短期滞在(C―3)ビザ(単数)の発給を再開したが、一部の国・地域で申請が殺到し、発給までに時間がかかっている。外国人観光客の誘致に乗り出した旅行業界などからの改善要求を受け、需要が特に急増中の日本と台湾、マカオの外国人観光客向けにマルチビザを発給することを決めた。

また、ビザの申請手続きも簡素化し、申請書とパスポート、往復航空券を提出するだけで申請できるようになる。

マルチビザ制度は、新型コロナウイルス禍で効力が停止されている無査証(ノービザ)制度が再開されるまで実施される。


関連国・地域: マカオ台湾韓国日本
関連業種: 観光

その他記事

すべての文頭を開く

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(09:24)

「半地下住宅」を撤廃へ ソウル市、豪雨で被害相次ぐ(08/12)

新規感染者13.7万人、死者59人増(08/12)

サムスン、折り畳みスマホの新モデル発表(08/12)

サムスンとLG、最新ディスプレーを紹介(08/12)

7月ICT輸出0.7%減、携帯電話など不振(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン