6月の消費者心理指数、6.2ポイント下落

韓国銀行(中央銀行)が29日発表した2022年6月の消費者動向調査によると、景気に対する消費者心理を総合的に示す消費者心理指数(03~21年平均値=100)は96.4と、前月比で6.2ポイント下がった。米国の金融引き締めやウクライナ危機など外的要因による不確実性が高まっており、21…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(09:24)

「半地下住宅」を撤廃へ ソウル市、豪雨で被害相次ぐ(08/12)

新規感染者13.7万人、死者59人増(08/12)

サムスン、折り畳みスマホの新モデル発表(08/12)

サムスンとLG、最新ディスプレーを紹介(08/12)

7月ICT輸出0.7%減、携帯電話など不振(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン