【中国自動車白書】異業種からNEV参入 家電・IT中心に複数社が積極化

近年は、家電・ITを中心とする異業種から「新エネルギー車(NEV)」市場に参入する動きが目立っている。自動車への先端技術の導入が進む中、第5世代(5G)移動通信システムやIoT(モノのインターネット)などの技術を持つハイテク各社は現在の流れを商機と捉える。異業…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

クーデター後に110万人が失業 1~6月、条件悪化で生活苦しく(08/17)

テイクオフ:ここ数年、夏に恒例とし…(08/17)

商用EVで中国車が存在感 バスはシェア5割、貨物車も人気(08/17)

年内の消費に厳しい見方 コロナ禍足かせ、通年ゼロ成長も(08/17)

40度超の熱波続く、トヨタ電力不足で工場停止(08/17)

四川で電力逼迫、日系企業も稼働停止(08/17)

金融業界に高給制限、格差で庶民の不満蓄積(08/17)

専項債の資金使途を調整、地方で相次ぐ(08/17)

中国、景気対策検討=党大会控え世論意識(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン