北部とバンコク結ぶ航空路線、運航再開

ラオスの北部ルアンパバーン県とタイのバンコクを結ぶ航空路線の運航が先ごろ再開された。再開は約3年ぶりで、年末にかけて同路線の運航数が増える見通しとなっている。ラオス・タイムズ(電子版)が伝えた。 運航を再開したのはラオス国営航空。17日にバンコク発の便がルアンパ…

関連国・地域: タイラオス
関連業種: 運輸観光社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(15:35)

デング熱流行止まらず、感染者は2万人超え(08/12)

外国人旅行者、1~6月は4.2万人(08/11)

東南ア車生産、200万台突破 1~6月コロナ克服も先行き不安(08/10)

インフレ率がさらに上昇、7月は25.6%(08/10)

【アジアの鉄道】(第5回)中国(4)中欧班列 欧州と直結、新たな「シルクロード」の登場(08/10)

タイとラオス、鉄道開発で月末から高官会合(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン