薬物使用2億8千万人、国連報告書

【ウィーン共同】国連薬物犯罪事務所(UNODC)は27日、2020年に、世界の15~64歳の人々のうち推計2億8,400万人が薬物を12カ月以内に使用していたとする22年版「世界薬物報告」を発表した。最も使われている薬物は大麻で、20年は推計2億900万人が使用した。 報告書は、新型…

関連国・地域: 日本
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

物流スイフト、隣国の石油ガス運輸業者買収(12:06)

アクレダ銀と三井住友銀、業務提携から10年(08/16)

7月乗用車販売は11%増 ローン金利上昇を懸念、自工会(08/16)

ホンダ二輪価格に落ち着き、供給回復で(08/16)

伊藤忠と大成、豪企通じて協業 環境配慮コンクリート開発(08/16)

信金中金、販路開拓支援で初の実店舗活用(08/16)

三菱倉庫、物流大手ITL株13%強取得(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン