• 印刷する

テイクオフ:ビリヤニ(炊き込みご飯…

ビリヤニ(炊き込みご飯)、鶏の足1本、野菜炒めで1皿27リンギ(約830円)――。出張帰りにペナン国際空港で入ったナシカンダル(イスラム教徒系インド料理)の食堂で、会計時に思わず同僚と顔を見合わせた。「空港価格」とはいえ、クアラルンプールの街中のナシカンダルと比べても倍以上する。

そんな「高級ナシカンダル」でも、夕食の時間帯ということもあり店内は満席。有名店でも、飛び抜けておいしいわけでもない。「他に選択肢がないから」というのが、大繁盛の理由のようだ。周りにはカフェしか見当たらず、食事をとれる店がほとんどない。同僚いわく、新型コロナウイルス流行前は、空港内にもっと飲食店があったという。

以前は土産物店が並んでいたであろうエリアも、大半が目隠しされたままとなっていた。旅行者が戻りつつあるものの、コロナの爪痕はあまりにも大きい。(香)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染2437人、7日ぶり3千人割る(12:14)

25年まで熟練人材30万人の雇用創出=貿産相(12:24)

物流スイフト、隣国の石油ガス運輸業者買収(12:06)

テイクオフ:昼食を購入しようと弁当…(08/16)

小売業の賃貸可能面積が拡大 供給過剰に落ち着きも賃料横ばい(08/16)

新規感染3045人、累計473.6万人に(08/16)

RM1=29.9円、$1=RM4.46(15日)(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン