大手衣料ブランド撤退すべき 労働者の権利侵害横行、欧米指摘

ミャンマーの縫製業界について専門家や業界関係者らの間で、大手衣料ブランドはミャンマーから撤退すべきとの意見が出ている。2021年2月のクーデター以降、工場労働者の権利侵害が加速していると、理由を説明している。米国に拠点を置く繊維業界メディア「ソーシング・ジャーナル…

関連国・地域: ミャンマー米国欧州
関連業種: 医療・医薬品繊維マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴン管区、雨期米47万ヘクタール目標(06/24)

23日の感染者11人、死者ゼロは78日連続(06/24)

大手衣料ブランド撤退すべき 労働者の権利侵害横行、欧米指摘(06/24)

ミャンマー危機、「域内貿易協議の妨げ」(06/24)

スーチー氏を刑務所に収監、「公正な処遇」(06/24)

国軍指名の国防相、ASEAN会議に出席(06/24)

国軍指名の国防相、カンボジア国防相と会談(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン