• 印刷する

半導体受託の増産計画に遅れか、調査会社指摘

台湾の市場調査会社、集邦科技(トレンドフォース)は22日、世界のファウンドリー(半導体の受託製造)の2023年の生産能力の伸び率が8%にとどまるとの見通しを示した。新型コロナウイルスやウクライナ問題などの影響で半導体製造装置の納期が長期化し、ファウンドリー各社の増産計画に遅れが生じるためと指摘している。

半導体製造装置の納期の長期化で影響を受けるとみられるのは台湾積体電路製造(TSMC)、聯華電子(UMC)、力晶積成電子製造(力積電、PSMC)、TSMC傘下の世界先進積体電路(バンガード・インターナショナル・セミコンダクター)など台湾勢を含む世界のファウンドリー各社。納期の長期化で各社の増産計画は2~9カ月の遅れが出ると見込んでいる。

集邦科技によると、コロナ禍前の半導体製造装置の納期は3~6カ月だったが、コロナの感染が広がった20年以降は12~18カ月と長期化。今年に入ってからはウクライナ問題や物流の停滞などの影響で、18~30カ月まで延びている。

集邦科技は、ウクライナ問題やインフレが引き起こした原料の調達難やコロナ禍に伴う人手不足も、ファウンドリー各社の23年以降の増産計画に影響を及ぼすと指摘。一方、インフレでコンシューマー製品の需要が縮小する中、増産計画が遅延していることで、23年に供給が過剰になるとの懸念が一部打ち消されたとの見方を示した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、30日は3万8846人(18:17)

テイクオフ:「アパートの外壁工事で…(06/30)

「3K」労災、対策が急務 台湾支える外国人労働者(中)(06/30)

新型コロナの域内感染者、29日は4万2112人(06/30)

現行のコロナ対策、7月も維持(06/30)

7月からマルチビザ発給、日台マカオが対象(06/30)

新規感染者数、1万人割れは7月末=指揮中心(06/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン