中国恒大の21年決算、発表の見通し立たず

経営危機に陥っている不動産大手、中国恒大集団(広東省深セン市、チャイナ・エバーグランデ・グループ)は20日、発表が遅れている2021年12月期本決算について、現在作業を進めているが、発表時期は未定だと明らかにした。新型コロナウイルス流行の影響や、子会社の財務上の問題を…

関連国・地域: 中国-広東香港
関連業種: 自動車・二輪車金融建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

7月の新車販売3割増 同月の過去最高、政策支援が効果(08/12)

新エネ車の製販台数、23年は730万台に(08/12)

7月の中古車取引1%減、回復傾向継続(08/12)

下期にCPI3%以上の月も、中央銀行(08/12)

海運船に空きも、需給関係が徐々に逆転(08/12)

7月の掘削機販売がプラスに、輸出が下支え(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン