• 印刷する

テイクオフ:台湾に来たばかりの頃、…

台湾に来たばかりの頃、近所に見慣れないケーキを売る店があった。巨大な四角のスポンジ生地で、クリームなどのトッピングはない。焼きたての匂いがして興味を引かれたが、値段の表示がなく、どれくらいの量から購入できるのかも分からない。時間があるときに聞いてみようと毎回思いながら、時が過ぎていた。

後日、同様のケーキが日本で「台湾カステラ」と呼ばれ、はやっていることを知った。教えてくれた日本の友人によると、地元にはしゃれた専門店もできたという。あの飾り気のない素朴なケーキが見栄え良くパッケージングされているのに驚いた。

最近ではよく台湾カステラを購入している。行きつけの店のものは、プレーンに加え、タロイモ入りやチーズ入りがあり、いずれも手作り感あふれる素朴な味わい。例の友人は台湾に来たら食べ比べたいと意気込んでいる。(屋)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、2日は3万4748人(15:35)

新型コロナの域内感染者、1日は3万5699人(07/01)

引き留めへ新制度、移民視野 台湾支える外国人労働者(下)(07/01)

新型コロナの域内感染者、30日は3万8846人(07/01)

観光往来、感染1万人以下で可能と見解(07/01)

SEMI、車載半導体ガイドラインを発表(07/01)

聯発科技、米大学内にIC設計センター(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン