• 印刷する

タタ自、フォード工場の買収目指し覚書

インドの自動車大手タタ・モーターズは30日、米フォード・モーターが西部グジャラート州サナンドに保有する工場の買収に向け、州政府と覚書を交わしたと発表した。工場の取得を通じて、向こう数年で需要が伸びる乗用車と電気自動車(EV)の増産に対応する狙いがある。

タタ自の電気自動車(EV)子会社タタ・パッセンジャー・エレクトリック・モビリティー(TPEML)、フォードのインド法人フォード・インディア、グジャラート州政府が同日に署名した。売買契約が正式に決まれば、タタはサナンド工場の土地や建物、設備、自動車生産に携わる従業員をフォードから引き継ぐ。買収後は年産能力30万~40万台の設備を導入する。

タタ自は発表文で「当社がサナンドで運営する既存工場はフォードの工場に近く、(フォードからタタへの)切り替えはスムーズに進む」と説明している。

フォード・インディアは、TPEMLから土地と建物を借り、パワートレインを製造する予定だ。


関連国・地域: インド米国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ヒロシマ・デー」とし…(08/11)

販売「過去最高」も崖っぷちに パキスタン新車、上期は14万台(08/11)

スズキ、「アルト」をフルモデルチェンジ(08/11)

現代自、半導体不足の解消は来年の見通し(08/11)

中国勢のスマホ販売制限、地場企業に恩恵(08/11)

豆類の価格高騰、中銀の通貨切り下げが影響(08/11)

HFCLとクアルコム、5G向け機器で提携(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン