• 印刷する

アボイティス、太陽光発電所を2社に発注

フィリピンの電力大手アボイティス・パワー(APC)は27日、北部ルソン島のパンガシナン州アギラルに建設するラオアグ太陽光発電所を中国系企業と地場企業に発注したと発表した。EPC(設計・調達・建設)契約を結んだ。

再生可能エネルギー子会社アボイティス・リニューアブルズ傘下の特別目的会社が、中国の江蘇蘇美達集団(SUMEC)傘下のSUMECコンプリート・イクイップメント・アンド・エンジニアリング、地場ハンセイ・コーポレーションと契約した。契約額は明らかにしていない。

ラオアグ発電所は、アボイティス・パワーがパンガシナンに建設する2カ所目の太陽光発電所となる。設備容量は15万9,000キロワットピーク。2023年6月までの稼働を目指す。稼働後の発電量は10万世帯分の使用量に相当する年2億6,100万キロワット時を見込んでいる。


関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

中銀、政策金利3.75%に 連続利上げ、物価抑制を優先(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

公共交通車両1万台超、首都圏で運行再開(08/19)

シティコア、25年に発電容量7倍狙う(08/19)

5G速度、比はア太地域でワースト4位(08/19)

全国の港湾施設、1~6月は旅客2.4倍(08/19)

レジ袋課税法案を可決、下院歳入委(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン