• 印刷する

食用油プログラム、生産輸出業者に参加義務

インドネシア貿易省は25日、政府が指定した価格で低所得者に食用油を供給する「国民のための食用油プログラム」について、パーム原油(CPO)とその関連製品のすべての生産者または輸出業者に参加を義務付けると発表した。

同プログラムの運用方法について定めた貿易相令『2022年第33号』を23日付で公布、即日施行した。産業省の電子許認可システム(SIINas)の一部である量り売り食用油情報システム(SIMIRAH)<https://simirah.kemenperin.go.id/login>から参加を申請する。CPOの生産予測や月当たりの供給計画などを登録する。未申請の事業者には、輸出許可が発行されない。

物流や小売り業者に対しても、政府が定める量り売り食用油の上限小売価格(HET)に沿って供給することを義務付けた。

貿易省は同プログラムについて、全国各地の計1万カ所で、1リットル当たり1万4,000ルピア(約122円)の量り売り食用油の供給を実現するとしている。

貿易省は国民のための食用油プログラムの運用方法に関する貿易相令を施行した。写真は西ジャワ州スカブミで、量り売り食用油の在庫や価格を確認する警官(アンタラ通信)

貿易省は国民のための食用油プログラムの運用方法に関する貿易相令を施行した。写真は西ジャワ州スカブミで、量り売り食用油の在庫や価格を確認する警官(アンタラ通信)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料農林・水産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本向けにヤシ殻を初出荷、パーム農園社(21:54)

テイクオフ:インドネシアの西ジャワ…(06/29)

三菱、小型トラック新モデル 主力コルトL300、3万台以上目標(06/29)

G7サミット閉幕、対ロ圧力強化(06/29)

バイオ燃料B40、7月に路上走行試験開始へ(06/29)

三菱自の輸出拡大でハブ化期待、産業相(06/29)

23年のマクロ経済指標に合意、政府と国会(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン