• 印刷する

テイクオフ:マスク着用の義務はいつ…

マスク着用の義務はいつ解除されるのか。数カ月前に議論が活発になったものの、ドゥテルテ大統領が「私の任期中はマスクを着けてもらう」と発言して以降は下火になっている。政権交代を6月末に控え、いまから議論が再燃することは考えにくい。

対照的に、日本政府はマスク着用の指針を示した。義務付けられているわけではないものの、周囲に配慮する国民性からか、大半の人が身につけている。だが、様子が変わってきているようだ。知人は「ノーマスクの場面は少し増えた」と話す。

新たな大統領の誕生に注目が集まる当地では、新型コロナウイルス対策の話題が減った。その間にも先進国や周辺国はさらなる緩和策を打ち出し、正常化に向けて先行している。移行期間に突入し、現政権の勢いには失速感もある。全力なのかもしれないが、任期終了まで踏ん張りどころである。(内)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フェルディナンド・マル…(06/29)

首都圏のコロナ規制延長 7月15日まで、次期政権に持越し(06/29)

未接種の従業員、出勤時検査を一部免除(06/29)

外資規制リスト更新、3年半ぶり(06/29)

再エネ市場の自由化提言、経済開発庁(06/29)

格付け会社、比中銀の追加利上げ確実視(06/29)

比防衛企業、武器組み立てで米同業と提携(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン