• 印刷する

Sオイルの爆発事故、重大災害法で立件か

韓国の雇用労働省はこのほど、19日に発生した韓国石油元売り大手Sオイル蔚山工場(蔚山市)の爆発火災事故について労災収拾本部を設置するとともに、「重大災害企業処罰法(重大災害法)」違反の容疑で調査すると発表した。

同社の大株主はサウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコの子会社アラムコ・オーバーシーズ・カンパニー(AOC)であり、重大災害法が適用されれば、外資系企業としては初の立件事例となる。

重大災害法では、産業現場で労働者の死傷事故が発生した場合、事業主や現場の責任者、企業の経営者に対して最大で「1年以上の懲役または10億ウォン(約1億円)以下の罰金」が科され、法人・機関も50億ウォン以下の罰金処分となる。

■死者1人・死傷者10人を確認

この事故では22日までに、死者1人を含む死傷者10人が確認されており、現場となった蔚山工場は無期限の稼働停止が決定している。Sオイルのフセイン・アル・カター二最高経営責任者(CEO)は20日の記者会見で、被害者への謝罪とともに原因究明と再発防止に努めると述べた。


関連国・地域: 韓国中東
関連業種: 天然資源社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本と韓国は、サッカー…(06/28)

不動産の「二極化」鮮明に 高級住宅街は最高値、格差を助長(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

新規感染者3429人、死者3人増(06/28)

韓国の賃金上昇率、主要5カ国の2.6倍(06/28)

24年には出生率0.7も、政府が人口危機対応(06/28)

LG電子、EV充電器事業に進出(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン