• 印刷する

空港第2ターミナル、29日に運用再開

シンガポールのチャンギ空港を運営するチャンギ・エアポート・グループは、空港第2ターミナルの運用を2年ぶりに再開する(同社提供)

シンガポールのチャンギ空港を運営するチャンギ・エアポート・グループは、空港第2ターミナルの運用を2年ぶりに再開する(同社提供)

シンガポールのチャンギ空港を運営するチャンギ・エアポート・グループ(CAG)は29日から、空港第2ターミナルの運用を再開する。入国規制の緩和に伴う利用者の増加に対応するためで、新型コロナウイルスの感染拡大による需要減に合わせて拡張工事に入った2020年5月以来2年ぶりの再始動となる。

22日に発表した声明によると、旅客需要の回復に合わせ、向こう2年間で段階的に運用を再開する計画だ。まず第3ターミナルのピーク時の到着便などを対象に、入国審査や手荷物受取場、到着ロビーを開放する。

第2ターミナルの拡張工事は引き続き進める。24年の完工予定で、旅客収容能力は500万人増の2,800万人となる。工事は竹中工務店が請け負っている。

チャンギ空港の旅客数は4月に新型コロナ流行前の4割の水準となり、年内に5割まで回復させるという政府の目標に近づきつつある。S・イスワラン運輸相は今月18日、「6月のシンガポールの長期休暇や海外の夏期休暇の始まりに伴い、空港の利用者が増える見込みだ」とコメントしていた。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染11504人、3カ月ぶり高水準(28日)(18:24)

テイクオフ:図書館に通うのが日課に…(06/29)

脱炭素化3戦略、テマセク提示 東南アジアのグリーン経済(下)(06/29)

【食とインバウンド】日本のハラールトラベル2.0 第36回(06/29)

イスラエル企業、経済開発庁と提携(06/29)

ポストコロナ行程表作成へ、経済・雇用重視(06/29)

AIAと経営大、保険数理の人材育成で提携(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン