カットライ港の混雑緩和計画を策定、米開発庁

米国際開発庁(USAID)は19日、ベトナム税関総局と共同で南部トゥードゥック市(ホーチミン市直属)のカットライ港の混雑防止および貿易物流促進に向けた行動計画を策定したことを発表した。同港ではこれまで滞留コンテナが問題になっており、両機関が連携して問題解消に努め…

関連国・地域: ベトナム米国
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

〔アジア人事〕村上開明堂など(06/27)

3大都市、景気は着実に回復 2Q、観光地ダナン12%成長(06/27)

国営航空、傘下パシフィック航空株売却へ(06/27)

日本無線、航空機の監視システムを引き渡し(06/27)

物流ジェマデプト、新株発行で4兆ドン増資へ(06/27)

ホアセン投資、鉄鋼ホアセン株をすべて売却(06/27)

アブダビ石油、ベトナムの潤滑油市場に進出(06/27)

エアソウル、仁川―越ニャチャン路線を再開(06/27)

燃料高で漁船の半数が操業停止、農業省(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン