改正農産物輸出法が成立、海外市場で認定制度

【共同】改正農林水産物・食品輸出促進法が、19日の衆院本会議で可決、成立した。和牛やコメなど品目ごとに生産から販売まで関係者が一丸となって輸出拡大に取り組む団体を国が認定する制度を創設する。これまで海外市場の開拓は産地や販売事業者がばらばらに行ってきたが、オール…

関連国・地域: 日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

現地パートナーとの協業増加 ブーム到来の太陽光発電(下)(08/18)

妊娠実習生の強制帰国調査、悪質事例把握(08/18)

JERA、地場再エネ大手に150億円出資(08/18)

格安航空スクート、札幌線を11月に再開(08/18)

尹氏「譲歩と理解で解決」、日韓歴史問題(08/18)

日本勢は日産リーフのみ、米EV優遇(08/18)

ダイキン、ニムラナに研究開発センター設立へ(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン