ロ事業の一部撤退検討、車陸送需要減り=郵船

【共同】日本郵船がロシアでの自動車陸送事業からの撤退を検討していることが18日、分かった。ウクライナ侵攻を巡る情勢不安で、ロシアに生産拠点を持つ欧州と日本の自動車メーカーが生産を縮小したことで鉄道やトレーラーを使った陸送需要が減り、事業継続が困難と判断したとみら…

関連国・地域: 日本ロシア
関連業種: 自動車・二輪車運輸サービス


その他記事

すべての文頭を開く

電子部品の余剰在庫ゼロへ 商社コアスタッフ、委託販売開始(06/24)

フンセン首相、岸防衛相が表敬訪問(06/24)

テイクオフ:山田風太郎のエッセー集…(06/24)

指定施設の隔離、短縮の動き 最短7日、国際線の増便も進む(06/24)

〔アジア人事〕ゼロなど(06/24)

MRT第2期工事、日本が追加資金援助へ(06/24)

HCM1号線、資金底つき給料未払い続く(06/24)

トヨタ現法、35年にCO2排出ゼロ(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン