• 印刷する

農村部の自動車購入促進策、6月初旬からか

中国証券報系のニュースサイト中証網によると、中国政府は6月初旬から農村部の自動車購入促進策を実施する見通しだ。新型コロナウイルスの流行で低迷した自動車販売を再び成長軌道に乗せる狙いとみられる。

15万元(約287万円)以下の自動車の購入に補助金を出すもよう。ガソリン車と「新エネルギー車(NEV)」の双方が対象で、補助金額は1台当たり3,000~5,000元になるとみられている。実施期間は不明。

業界関係者は、同促進策がガソリン車販売を20万~30万台、NEV販売を30万~50万台押し上げるとみている。

中国の直近月の自動車販売は新型コロナ流行の影響を受けて低迷。自動車販売店の営業停止やメーカーの生産停止が背景にあり、4月の新車販売台数は前年同月比47.6%減の118万1,000台となった。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

JAL、9月11日から北京発成田行き再開(18:31)

プロトン、EV市場に参入へ 23年第4四半期に「スマート」発売(08/19)

科学技術活用で脱炭素へ 中央が計画案、研究開発強化(08/19)

アップルウオッチ、ベトナムで生産計画か(08/19)

「電力制限は長期化せず」、中信証券(08/19)

7月電動車販売、前年比8倍の1030台(08/19)

中小のDX推進、「手本」企業を6千社に(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン