訪米の首相、NYSEで取引終了ベル鳴らす

訪米中のベトナムのファム・ミン・チン首相は16日、世界最大の証券取引所であるニューヨーク証券取引所(NYSE)を訪問し、大手企業複数の経営者との会合に出席したほか、取引終了を告げる納会の鐘(クロージングベル)を打ち鳴らした。17日付政府公式サイトが報じた。 チン氏…

関連国・地域: ベトナム米国
関連業種: 金融政治


その他記事

すべての文頭を開く

建設費高騰巡り7年係争続く 北中部の発電所、相次ぎ障害(08/09)

ペレンコ出資の南部鉱区、4億バレル産出へ(08/09)

ベトナム製鋼管、米国が迂回輸出で調査開始(08/09)

鉄鋼ホアセン、株式配当で9970万株を発行(08/09)

ビンファスト、北部工場で8千人追加雇用へ(08/09)

縫製・電子企業、受注減少も雇用維持に苦慮(08/09)

ハノイ3号線高架部分の年内完成指示、首相(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン