不明な経済政策、株価下落 マルコス次期政権に投資家懸念

フィリピンのフェルディナンド・マルコス次期大統領に投資家が懸念を示している。新型コロナウイルス禍やロシアのウクライナ侵攻で経済の下振れ圧力がぬぐえないなか、具体的な政策が示されておらず、ドゥテルテ大統領の当選時よりも公表が遅れていることが嫌気されているようだ。…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品金融マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

首都圏のコロナ規制延長 7月15日まで、次期政権に持越し(21:01)

未接種の従業員、出勤時検査を一部免除(17:56)

中国製凍結乾燥ワクチン、海外で臨床試験へ(17:06)

テイクオフ:1月に新型コロナウイル…(06/28)

複合メトロパシ、酪農に参入 7億円で地場買収、輸入減らす(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

新型コロナ、20~26日は新たに4634人感染(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン